人気ブログランキング |

ブログトップ

その力の一部で在りたい。

b0020723_1554415.jpg

                ***photo/ringo***

---三秒に一人のこどもが、貧困で命を落としているのをしっていますか。

「ほっとけない 世界のまずしさ」と掲げられた、ホームページ。
衝撃的なその一文に、あたしはすぐ、今何が出来るかを考えていた。
でも、それは「頭が」とか「心が」とかそんな温いものじゃ無く、体全体が、脳から意志の伝達が行われるより早く「今何が出来るか」を考えていた、ように思う。
細胞レベルでの思考、といったところか。

そしてあたしは、まず。
そのページをくまなく読んだ。
パソコン版と、携帯版の両方を。

次に、思った。
不謹慎かもしれないけれど、
「あたしの悩みは、なんと贅沢で、なんとくだらないものだろうか」
と。
こんなに小さい世界の中で、一方では、生きていく事すら困難な世界の人が居るというのに、一方では贅沢な生活をしながら「思う通りにならない」と駄々をこねる人が居る。
あたしは後者の人間だ。
普通に生きていく事に悩まずとも済む環境にいる事だけで、十分すぎる程のことなのに、それ以上を望む。
普通に生きていく事が困難な人達の存在など、忘れて。

あたしは恥じた。
こんな贅沢な環境に居て、さらに頑張れる贅沢まで目の前にあって、何に悩む事があろうか、と。
そして何より、同じ地球上で起こっている問題を忘れて生きていく事の、何を素晴らしいと言えるのか、と。


その経緯を経て、もう一度自分に問うた。
それで、あたしに今できるのは何か、と。

…改めてページをくまなく読んだ。
そして、「貧困をなくそう」という声を表すこのホワイトバンドの存在と意義を、もう一度しっかりと繙いた。

あたしは、ホワイトバンドを身に着けた。

たった一人じゃ何も出来ないかもしれないけれど、でも、そのたった一人が動き出す事が幾重にも連なっていけば、それは力になるだろう。
それなら、あたしもその力の一部で在りたい。
まだまだわかったつもりの事もあるだろうけど。
もっともっと知らない事も出てくるだろうけど。
まずは。

これがきっと、「あたしが今出来る事」。


世界が、この白いわっかを着けて、共に地球全体の責任に取り組もうとしている、今。

一人でも多くの人が、このページを読み、一緒にその力の一部となってくれることを、切に願う。



「ほっとけない 世界のまずしさ」

by yui-nikki | 2005-08-26 23:34 | オモフ