ブログトップ

ここまで来たから。

今日、木曜ゴスペルクラスのレッスンに行ってきた。

今度の日曜、4/15のコンサート前の最後のレッスンだったので、何度もいくつも、通しで曲を歌った。

ステップ踏んで歌いまくって指揮してたから、汗だくで化粧ははげはげで(曝)疲れたりもしたけど、めっちゃ楽しかった!!+.゚(*´∀`)b゚+.゚

コンサート前に通しで歌う。
「先生、覚えられない!!」
って言葉も聞き、「え゛ーーーーー」とかも言いつつ(*^-^*)クラスのメンバーが一つになって一生懸命歌っているのに触れると、いつもこの感情にたどり着く。

「ここまでやってきて良かった」

いや、正直、難しい曲とかレッスンで取り組むと、
「こんなんほんまに歌えんの…!?」
と、不安とか恐怖とかの負の感情ばっか浮かべちゃったりするんだけど(汗)
でも、それを越えて、ぐって頑張ると、今日みたいな心地よい達成感にたどりつく。

なんかちょっと、ふふんって自慢したくなる、という感じの(笑)

でも、これって、その負の感情を乗り越えたからこそ味わえるものなんだよな。

高い山に、ひーひー言いながら登っていって、その山頂にたどり着いた人だけが見れる景色、みたいな。

そして今日も、それを横浜クラスの人たちと見れた。

やってきて、ほんまに良かったす。


さぁ、残すは本番、4/15☆

横浜ゆいまあるのみなさーん、一緒に頑張りましょう♪

あーーーー、もうめっちゃ楽しみや!!(≧ω≦)
うわー、今も踊り出しそうや!!(笑)
…いや、それは止めといた方が良さそうや(´Д`υ)
by yui-nikki | 2007-04-12 23:51 | ヨシナシゴト

昨日。
思考回路の働きが悪くなってきたので(汗)リセットする方法は無いかと考えつつ帰路についていると。。。

銭湯を発見!!

おふろだいすっきー☆な唯としては、銭湯に行って再起動すべきでしょう!と思い、即・帰宅、即外出to銭湯してみた。

至福のひととき。
広い湯船に、肩までんーーーっと浸かり、何も考えず手足を伸ばす。
自分の身体を労ってあげなきゃね、とマッサージとかしてみる。
いつもより念入りに髪を洗う。
また湯船にぼーーっと浸かる。
そして、まだ少し冷たい春先の夜風に、ほっこほこに温まった頬を触れさせながら家路を急ぎ、帰宅したらすぐにベッドへ直行。そのまま眠る。

そしたらなんと。
今日の身体の調子がすこぶる良かった。
しかもなんか、ストレスの感じ方まで変わってしまったココロモチ。

おおお。(驚き。)

日本人に生まれて良かった。
広いお風呂文化のある国じゃないと、もう生きて行けないかも。。。
(○R東日本のCMみたいな言い回しをしてしまった)

生ビールより価値のある(?)430円を経験した。しあわせ。

最近銭湯に行ってなかったけど、やっぱ銭湯ええ感じや!!と、戦闘熱…じゃなくて(笑)銭湯熱がまた上がってきた、唯なのでした。

そして新たな欲望が。

「大人用共通入浴券は10枚で4000円(税込み)と300円お得!
 銭湯の番台または、フロントでお求めになれます。」

と宣伝されてた共通入浴券がめっちゃ欲しいっす(* ̄m ̄)
…って、単純!?
by yui-nikki | 2007-04-10 23:49 | ヨシナシゴト

Yet why?

Dried so as to forget tears.

All are hateful.

Spoiled that it is not possible to lean.

Crushed deeply.


Warm hand
Soft voice

Please help me out here.

Still, why do I vomit?
Who do I want to call?

I still believe?

Yet why?

Now.
by yui-nikki | 2007-04-07 23:17 | コトバ

Mrs.ringo says

b0020723_342339.jpg

  りんごちん、いつも可愛いフライヤー&チケットをありがとう。撮影・唯


「ごめんね、最近、唯の写真撮れてなくて」

と、言いながら、0421のライブのフライヤーを、仕事の後徹夜で作成して持ってきてくれた、私の愛する相棒、カメラマン兼デザイナー・林檎嬢。

私が自主ライブをする時(企画から構成、管理を全部するパターンの場合)はいつも、チケットやフライヤー(チラシ)を作る作業は彼女がやってくれる。

今度の、ラブのライブ用のフライヤー&チケットも、彼女が作ってくれた。

前回の、0214のソロライブ時のフライヤーも、りんごちん作。
いつも、愛らしい♪のを作ってくれる彼女に、この場を借りて御礼を。

ほんまにありがとう。

ちなみに、フライヤーだけでなく、近々私のページ「唯心一唄流」を、写真やテキストやで大改革起こす予定!!を立ててくれているそうなので、乞うご期待、れす。

和エロ、な唯も出したい、というのが林檎先生の希望だそうです。

え、和エロって。。。??

そこも乞うご期待!?(笑)
by yui-nikki | 2007-04-06 22:26 | ヨシナシゴト

あまりに懐かしくて。

b0020723_035253.jpg

     ちっちゃい頃、まゆちんと取り合いになったな。。。撮影・唯


ちらり立ち寄った99円ショップで、こんなものを発見。

懐かしい〜!!

思わず即買い。

小さい頃、うちの親がよく買ってくれていて、何度も食べた記憶のある、おやつ。

これと牛乳があれば至福(・∀・)
や、安い!?(汗)

てか、今でもあるのね、バナナカステラ。。。
そこに感動*:.。☆..。.(´∀`人)
by yui-nikki | 2007-04-05 23:34 | ヨシナシゴト

夕方、とある仕事をしたあと、新宿で久しぶりにJAZZを歌ってきた。

といっても、仕事では無く、セッションタイムのあるバーに連れて行ってもらって、の図なのだけど。

まだヤマ○の学生だった頃、アンサンブルの授業の時とか、大阪のジャズバーに連れてってもらったタイミングで、よく歌ってたなー。

いや、よく(frequently)歌ってただけで、決して良く(good)はなかったのだけど(汗)

そして、そこから数年。思うこと。

ジャズはやっぱ難しい。

うーん、まだまだ学ぶべき事はあほほどあると痛感。
ちっこいよぅぅぅ、私(涙)
…って、落ちとる場合ちゃうよな、れ、練習するぞーーーщ(゚Д゚щ)カモォォォン


ああ、音楽に打ちのめされ、音楽にまた奮い立たされる。

まるで、唯の好みど真ん中!!!の男前と付き合っているみたいな感じ?

めっちゃ振り回されたり、浮気もされたり、なのに「唯がいないとダメ」とか言われてさー、じっと大きな目で見つめられてさー「せやんなぁ(ハート)」ってまた頑張っちゃう、みたいな。

え、ちょっと違う?(笑)

ま、実際そんな男と付き合ってたら、いくら男前でもなぶり殺して、「完・ご愛読ありがとうございました♪」となるんやけど(曝)

音楽はそうはいかへんのよね。
どんだけ凹んでも、「もうやめる」ってなれへん。
まさにこの身を投じてる、捧げている感じ。

すぐに「やーめたっ」ってなる、あきっぽい私を、ずっと惹き付けて離さない、音楽のすごさよ。

なんて、久しぶりのジャズに、練習熱が着火したり(着火ネタが続いてるな、最近)、昔の私の気持ちを呼んでもらえたり、音楽を男に例えて考えてみたり(笑)、音楽のすごさを改めて感じてみたりした、そんな1日だった。

明日は、音楽に何をもらい、何を考えるんやろ。
by yui-nikki | 2007-04-04 23:00 | オモフ

b0020723_412752.jpg

          ゲットした本たち。
 カバーしてある文庫の内容はちと恥ずかしいので秘密(笑) 撮影・唯


昨日、午前中、とある企画の取材を受けた後、目黒のレッスン会場に向かおうとしたのだが。。。
「あっ、ちょっと時間あるやん!!」
と思い、電車の中で気になってた本を買いに、仕事時間からエスケープ。

今、東京国立博物館でダ・ヴィンチ展をやっていて、「いつ行こっかなー」なんて一人でほくそ笑んでた(怖いやろ…)ところに、「BRUTUS」という雑誌の吊り広告が飛び込んできた。

なんと、4/15号は、ダヴィンチの絵画をはじめとする、西洋美術の特集が組まれている、とのこと。

…こっ、これは買うしかないやろヽ(゚Д゚;)ノ!!

ということで購入。仕事の帰り道、ぱらぱらと開いて読んでみる。

東京に来て数年、目黒〜新宿間の山手線に対して、「つ、着くん早すぎや…」と思ったのは初めて。
その位、引き込まれていた。

まぁ、雑誌、というカテゴリだから、というのもあるかもしれないけど、あっちゅー間に読み切ってしまった。

そして、いつダヴィンチ展に行こうか熱が、さらにアゲ。(ノ●´∀)ノ

緻密に描かれたラインと不思議な色合い、そして謎めいた構図。
そのポイントたちが、ダヴィンチの絵画に引きつけられる所以。

なーんかわからんけど、ちっこい頃から好きやねんな。

もしや、ダヴィンチと誕生日が一緒、という不思議な因縁の力?なんつって。

でも、ほんまに一緒なんすよ。
ダヴィンチも唯も、4/15生まれ。
恐れ多い書き方やけど。。。σ(´ ▽`;)

てなかんじに。
唯は現在、ダヴィンチ熱がだいぶ上昇傾向な女、モード。

うーん、ほんまいつ行こう。どうしよう。むむむ。。。
by yui-nikki | 2007-04-03 23:32 | ヲンナ・シリィズ