ブログトップ

<   2005年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

さららさと吹いた夜風は
秋の色
そっとなびくは
長い黒髪


なんとなく書いたら短歌風になった言葉。
過ぎ行く夏の思い出を重ねてみる。

…なぁんて、まだ夏気分が抜けない、のが本音だけれど。でも。

さっきまで、うわーーーってなりながら仕事をしてた手を止めて、ベランダにサンダルで出てみる。
風が、素足に、ちよっぴり冷たい。
それに、季節の巡りを感じる。
もう秋やなぁ、と。

風の匂いに、往く夏を憂いつつ、来る秋へとまた願いを募らせる。

なんか、粋な感じちゃう!?
季節を愛でる日本人に生まれてよかったさ。うんうん。



さぁて、夏を越えたあたし、秋の風に吹かれて色づきながら、どこへいこうか。
by yui-nikki | 2005-08-31 23:44 | ヨシナシゴト

雨の歌謡日

今日は、私が担当しているボーカルクラスの生徒さんたちから、飲み会へのお誘いを頂いたので参加してきた。

まず、楽しかったーーー☆
そして驚いたーーーー!!!

何が楽しかったって、ビール片手に、ちょっと(だいぶ?)レッスンとは違う雰囲気で色々しゃべれたことが、もう。

あと、以前にこのクラスにいたという方とお話をする事も出来たし。

そうそう、私をまん中に、まわりを囲むように皆さん座ってくれたのだけれど、それを見ながら、
「この仕事をもししていなければ、出会えて無かった人達なんだよなぁ」
なんて思って、ちょっと、ぐっと来たりもしたな。

あの時の私の選択と、それぞれの人達の選択と、様々な事由がタイミングが折り重なり、今が在りなんだよなぁ、と(しみじみ)

色んな意味で、本当にすごく楽しかった。

そして。。。
何が驚いたって、その時の会話の中に
「先生のホームページに書いてたっけ?」
みたいなことがさらっと出て来たことが、もう!!

ここ(「ニッキ」と「唯心一唄流」)の事を、私は全然話した事がなかったので、ただ単純に
「なんで知ってるん!?」
と焦りますた(笑)

でも、実は焦った以上に嬉しかったり(〜 ̄▽ ̄)〜

わざわざ調べて見つけて、見てくれている事が、めちゃハッピー☆

このクラスの人達だけでは無く、他のクラスの人も見てくれているようで、メールをくれたり、レッスンの時に「見ました」と言ってくれたりするんですよね。最近。

もぅ、全部、ほんまにほんまに嬉しい限り…ありがとうございます。

and 今日の飲み会メンバーの生徒の皆さん、お疲れさまでした♪



よし、今日の飲み会のお陰で、「講師モードの山路唯」がまた一つパワーをゲットだ!!
そして、さらに固める決意!!

これからも、
「その人らしい唄」
を歌うボーカリストと、
「めっちゃパワー全開のゴスペル」
を歌うクワイヤーを、たくさん増やしていくぞっ。

щ(゚Д゚щ)カモォォォン
by yui-nikki | 2005-08-30 23:53 | ソウル

絶対忘れない

ドラマ「涙そうそう」を見た。

…号泣。

前に見た「さとうきび畑の唄」位、このドラマにも泣き尽くした。

恥ずかしい話だが、正直に言うと、私は、広島の原爆投下のことをちゃんと知らなかった。
どの位の人が亡くなったのか、どの地点に投下されたのか。
投下されるまでの経緯は。
ただ、八月六日という日付けと、時間的に朝だったということを、なんとなく把握しているだけだった。

でも、今日のドラマでやっとちゃんと、「ヒロシマ」を知った。
そして、何と表現して良いのかわからない気持ちが残った…。


戦争で得られるものは、何も無い。
むしろ、すべてが奪われると言っても良い。
無数の人の、無数の希望。夢。幸福。そして、人生。
それらが全部、くだらない権力闘争のために、奪われるだけだ。

あの日、あの一瞬で、広島は。そして、同じように、長崎は。

口惜しさを、悲しさを、感じる事すら出来ずに死んでいった、おびただしい数の人達を憶うと、私は涙が止まらなかった。
それと同時に、繰り返した。


 何の為に戦争をするの。
 誰の為に人が死ぬの。
 どうして人が人の命を奪うの。
 何が正しいの。


それらをどこにぶつけているのか、自分でも把握出来ないまま、何度も何度も。
そんな私の心に、ドラマの最後の一節が、爪痕をつけるように響いた。

「人間は忘れた頃にまた過ちを繰り返す」

愕然とした。
まさしく今、その「忘れた頃」に私達は居て、歩みを進めようとしているのでは無いか。
私達が、この国が、今しようとしている事は、本当に今必要な事なのだろうか。
もっと他に…。

このドラマを見た数時間が、私に考える時間をくれた。
そして、忘れてはいけない記憶を。


今。
私の力なんて微力だろうけれど、それでも声を大にして言いたい。


奪われた無数の命の上に、私達の「今、この時」がある。
あの出来事を繰り返さぬ世界を。



私は絶対忘れない。
by yui-nikki | 2005-08-30 01:24 | オモフ

ただいま仕事の合間時間

うわー、なんじゃこのスキン!!
スクロールすると、やばいことに。。。

ということで、急遽スキン変更しました。

ご迷惑をおかけしました。
ごめんなさいm(__m)
by yui-nikki | 2005-08-29 15:34 | ヨシナシゴト

やば。。。

b0020723_332095.jpg

           我が家の時計。丑三つ時はもう過ぎて。あわわ。撮影・唯

最近生活がすこーしだけまともに戻りつつあったのに、またこんな時間までまっく君とラブアフェアーしてしまった為、生活時間が、ああ…Σ( ̄□ ̄;)!!

唯よ。そろそろ寝る事にしよう。そうしよう。(一人でぶつぶつ…)
by yui-nikki | 2005-08-28 03:03 | ヨシナシゴト

泣いた後は必ず電話
笑う時はいつでも一緒
それはだれ?と聞かれたら
まっ先に顔が浮かぶの

この世界のたった一人

私は君をいつから好きで
君はあの子をいつから好きで
こんなに近くで何にも気付かず
頑張ってたあたしは可笑しい?

一番の友達より
一番の恋人になりたかっただけ。

王子様は
私に友情を
お姫さまに愛情を

そして続くのは
人魚姫の物語より 残酷な現実

泡の様に消える魔法を
私にもかけて
お願い 
by yui-nikki | 2005-08-27 23:26 | コトバ

b0020723_1554415.jpg

                ***photo/ringo***

---三秒に一人のこどもが、貧困で命を落としているのをしっていますか。

「ほっとけない 世界のまずしさ」と掲げられた、ホームページ。
衝撃的なその一文に、あたしはすぐ、今何が出来るかを考えていた。
でも、それは「頭が」とか「心が」とかそんな温いものじゃ無く、体全体が、脳から意志の伝達が行われるより早く「今何が出来るか」を考えていた、ように思う。
細胞レベルでの思考、といったところか。

そしてあたしは、まず。
そのページをくまなく読んだ。
パソコン版と、携帯版の両方を。

次に、思った。
不謹慎かもしれないけれど、
「あたしの悩みは、なんと贅沢で、なんとくだらないものだろうか」
と。
こんなに小さい世界の中で、一方では、生きていく事すら困難な世界の人が居るというのに、一方では贅沢な生活をしながら「思う通りにならない」と駄々をこねる人が居る。
あたしは後者の人間だ。
普通に生きていく事に悩まずとも済む環境にいる事だけで、十分すぎる程のことなのに、それ以上を望む。
普通に生きていく事が困難な人達の存在など、忘れて。

あたしは恥じた。
こんな贅沢な環境に居て、さらに頑張れる贅沢まで目の前にあって、何に悩む事があろうか、と。
そして何より、同じ地球上で起こっている問題を忘れて生きていく事の、何を素晴らしいと言えるのか、と。


その経緯を経て、もう一度自分に問うた。
それで、あたしに今できるのは何か、と。

…改めてページをくまなく読んだ。
そして、「貧困をなくそう」という声を表すこのホワイトバンドの存在と意義を、もう一度しっかりと繙いた。

あたしは、ホワイトバンドを身に着けた。

たった一人じゃ何も出来ないかもしれないけれど、でも、そのたった一人が動き出す事が幾重にも連なっていけば、それは力になるだろう。
それなら、あたしもその力の一部で在りたい。
まだまだわかったつもりの事もあるだろうけど。
もっともっと知らない事も出てくるだろうけど。
まずは。

これがきっと、「あたしが今出来る事」。


世界が、この白いわっかを着けて、共に地球全体の責任に取り組もうとしている、今。

一人でも多くの人が、このページを読み、一緒にその力の一部となってくれることを、切に願う。



「ほっとけない 世界のまずしさ」

by yui-nikki | 2005-08-26 23:34 | オモフ

借りすぎた!!!!

b0020723_1412964.jpg



ファンキー母から薦められた、ジョニーデップの古いDVDをいっぱい見つけてしまい、たまたま半額レンタルをやっていた事もあって、大量に借りてしまった。
(しかも、デップのDVDだけじゃなくて、カーペンターズのんとかも。。。おろ)

レッスンの仕事とかが結構入っているのに、見れるんか、これだけ(よぎる不安)

モノの限度をしらない女、ここにあり。

み、見たかったんですもん。。。
by yui-nikki | 2005-08-24 23:41 | ヨシナシゴト

unstable relation

あの子を抱いた手で
あたしに触れないで
優しく簡単に
あたしに言わないで

「愛してるよ」

嘘をつく時
肩を抱き寄せながら
話す癖を

あたし
いつから見抜けるようになったんだろ

それだけ君を見てるって事
君は気にもしないのね
今夜の約束の逃げ方は
どうせ「男友達と」でしょ?

あの子を抱いた手で
あたしに触れないで
あの子と居た場所で
あたしに言わないで

「愛してるよ」

都合良く来て
揺れるベッドの上で
さようなら、と

あたし
切り出すタイミングを計ってるの

それでもお洒落を頑張るのは
君に気付いて欲しいから?
本音とタテマエの矛盾たち
夢も希望も捨てたはずでしょ?

あの子を見てた目で
あたしを見つめないで
冷たく簡単に
あたしに言わないで

「愛してるよ」

それでも微かに沁みてしまう
君が時折囁く愛
本音とタテマエの矛盾たち
だって今でも本当は…

あの子にあげないで
あたしにキスをして
優しく簡単に
あたしに言わないで

「愛してるよ」

そんなに簡単に
あたしに言わないで
by yui-nikki | 2005-08-23 23:22 | ウタコトバ

神の戒めに私は。

久しぶりに近くの神社にお参りに行った。
特に行こうと決めていた訳ではないんだけど、なんとなく足が向いたので、その気持ちに委ねるまま行く事にしてみた。

そしたら、ちょうどお堂の中を開放(といっても中に入れる訳では無かったんだけど)していたので、中を覗いてみたら、めちゃくちゃ綺麗で思わずため息。
心がさぁっと洗われるような感じが、とてつもなく心地よかった。

で、恒例のおみくじをひいたトコロ。。。
今はどうあがいてもダメだから、地道な努力をして、その時を待て、とのこと。
うわーーーーぁ。思い当たるふしなんかがちらほら見えたりして、当たってるという感じで、自己嫌悪。
末吉だから、ま、可も無く不可も無くといったところだと思うんだけど。
この前から色んな事が結構うまくいってたから、ここで神様の戒めといったところか。
む、ここへ足を運ばせたのも、もしや?

…はい、おとなしく、「その時」が来るのを待つ事にします。

嗚呼でも、たまにこうやって厳かな空気の中に自分を置くと、色んな事を客観的に見れるのかもなぁ。

家の中で引きこもるのが一番良いとか思ってたけど、色んな所へ足を運ぼうっと。
もうすぐそれに相応しい季節も、めぐり来るしね。

なんて考えてると、神の戒めも気持ちよく思えるから不思議。
神様さんきゅ。
by yui-nikki | 2005-08-22 22:47 | ヨシナシゴト