ブログトップ

弐千四年

b0020723_19245279.jpg


やっと片付いた。。。大掃除、かけこみセーフ(*o*)
あとは、ご飯を食べながらまったりするだけ、ってことで、今年一年を振り返らせて頂く事にしました。
山路唯、23歳9ヶ月。今、想っている事すべて、ありのままに。

2004年は、私にとって「疾風怒濤」でした。
時に、歓喜するような嬉しい風。時に、激痛を伴うような悲しい波。
それの繰り返しのような、一年。

年明けには、春来をやっていた事でたくさんの人達に出会えました。
春来をやっていた事で、見た事のない世界も見たし、言われた事のない言葉も、たくさん聞きました。
ストリートライブは、寒かったけど楽しかった。東京でのレコーディングは、何度も帰りたくなったけど、おもしろかった。
そして、最大の出来事。
春来を辞めなければいけなかった事。
一生そばにいると思い、信じ、色んな事をわかちあった相棒と別れた事。
今までの短い人生の中で、一番悩み、苦しんだ日々でした。
その中で、春来を辞めようと、決意した事。
正直、今でも消えていない。いや、一生忘れる事はないでしょう。

その後、春来を辞めた事で、たくさんの人達に出会えました。
春来を辞めた事で、味わった事のない挫折感も味わったし、考えさえしなかった想いも生まれました。
今までどれだけ守られてきたか。自分の力が、どれだけ非力か。
一人で歌うピアノボーカル。一人でギターをつま弾き、出来た曲。
その中で実行したワンマンライブ。
そのワンマンライブでさえ、一人でなんて到底出来なかった。ギターの肥田君が、スタッフの杉村さんが、そして多くの見に来てくれた方達がいたから。ううん、それだけじゃない。見に来れなくても、「応援してるから」と言ってくれる人達がいたから。

その中で、今まで支えてくれた、たくさんの人に死ぬ程感謝し
それと同時に、今でも変わらず支えてくれる人に、死ぬ程感謝した。

思い出したくない過去にこそ、私が見い出すべき教訓がある事を知り、そしてそれを新たな道に生かしていく義務があるのだと、痛感しました。

この一年。

何度も春来のことを思い出し、その度に春来の曲を口ずさむ。
そして、新たな世界に不安を抱きながらも、その世界で新たに見つけた喜びに、春来を過去として昇華させていく。
その繰り返しだったように思います。

でも、全てがよかった。今は素直にそう思っています。
きっと、全てが幸せな未来へつながっている。
山路唯物語の、幸せな結末への、ほんの一ページ。

疾風怒濤の、二千四年よ、ありがとうとさよならのキスをこめて。

で、二千五年!!
誰もおいつけない場所まで走っていってやるから、覚悟なさい!!(笑)


そして最後に。

あいすべき、応援してくれる皆様。
あいすべき、山路家の家族、あいすべき、ゆいきちの悪友達(笑)。
すべての人達に、めっちゃいっぱいの感謝をこめて。
ありがとう。

来年も、何卒、よろしくお願い致します!!!

山路唯
by yui-nikki | 2004-12-31 20:14

今日一日をフリカエル。

b0020723_22222674.jpg

      今日、新たに借りた本達。と、最近頂いた、ぬいグル〜ミ〜。
                  撮影・唯

今日はなんだか慌ただしい一日でした。
まず、起床・九時四十五分。
これは、私にとったら早起き。叱られるかもしれないけど、早起き。
ちなみに、昨日の就寝は明け方四時半。
…ん、昨日じゃなくて、今朝、か(汗)
昨日色んな事をもくもくとやっていて、気がついたら三時で、大慌てでお風呂に入って出てきたら四時。そして、さらに大慌てで寝たのが四時半。
我ながら、何してんだ、わたし。。。( -_-)

それはさておき。
起床後、朝ご飯をたべ、まず向かったのが図書館。
「リクエストされていた本が届きました」の電話があったので、るんるんでちゃりに乗る私。こういう時って、ほんと眠気なんか吹っ飛びますね〜。
そして、本を借りた後、急いで病院に向かう。レッツゴー・トゥ・整形外科。
「今年後半は、まさに整形外科イヤーだったなぁ」とか意味不明な事を考えながら、
(何度も恐縮ですが・・・今年痛めた)首やら肩やらのリハビリを受ける。
電気とかを当ててもらってる間は暇なので、借りてきた「ダビィンチ・コードの謎を解く」を読む。その時、突然看護士さんに聞かれる。
「一ヶ月にどの位本を読むの?」
で、答える私。
「うーん、気乗りがすれば、何十冊でも読むんですけど、無理な時は一行も読めない…読書好きなんですけど、読書モードじゃない時は、説明書ですら読むのにやたら時間がかかっちゃって。気がつくと他の事とかを考えてしまってて」
とか、そんな話やらを、その後もその人と少しして、家に帰り、昼ご飯を食べて、仕事に行く。
そして、帰宅して、今。

何だか仕事から今、は、ワープしたみたいだなぁ。。。
あっという間に真っ暗になって、あっという間に12月31日がこようとしてる(汗)
本を読みたい〜の、読書モードのココロを抑えて、やり残した事を今年中に終わらせねば…。

いや〜しかし、ここの日記部屋に、初めて日記らしい日記を書いた気がします(笑)
めずらしく、ちゃんと一日を振り返ってみた、の、巻でありましたm(__)m

そして今日のラストに思う事!!!
神様、大掃除が若干(結構?)残っているので、もうちょっと待って…(涙)

今年も残すところあと二十数時間。
皆さんは、今日はどんな一日でしたか?
by yui-nikki | 2004-12-30 23:11

まっしろーーーーー☆

b0020723_19445349.jpg

             山路家のベランダにて。撮影・唯

今、私は東京にいるのですが、昨日の天気予報で「東京地方、明日は雪」なんて言ってたので、今日の朝、恐る恐るカーテンをあけると。。。ゆ、き、げしき☆
どうりで寒いはずだわ…。

雪って、音もなくしんしんと降るもんなんですね。
目が覚めた時、「えらい静かだから、ただ曇ってるだけじゃないの?」なんて思ってたら、積もるぐらい降っててびっくり。

雪に、白く染まる景色。
私の地元、和歌山市だと、ありえない風景。

高野山とかは雪が積もるんですけど、だいたいの地域はほんと南国で、雪が降るのもめずらしいし、降ったとしても全然つもらないんです。
そんな地域で育った私にとって、雪がつもることは、ほんと奇跡のように感じられる出来事。
皆さんに知って頂いてるかと思う、「雪」という曲も、そんな、雪への憧れが積もり積もって、いっぱい想像して書いた歌でして…。

だから、今日の出来事に、なんとも言えない気持ちになったし、生まれて初めて、何も考えず無意識のうちに「一面銀世界!!!」の言葉だけが、くちびるからこぼれました。
もちろん、今までも、旅行先などで雪を見る事もあったんですけれども。
ただ、その場合「今から雪景色のとこにいくぞーーー!!」って下準備が出来るから、「ゆきだーーー♪」の言葉もちゃんと用意して、で、雪と御対面…って感じだった。
だけど、今日の朝は何も下準備無し、心構えもなし。
学校から帰ったら、おばあちゃんがケーキを買ってくれてて、突然びっくり!!で、歓喜した時、のように、ハッピーになりました(^-^)

南国育ち、寒いのは苦手だけれど、今日の雪にココロ躍る、唯なのでした。

ゆーきやこんこ♪
by yui-nikki | 2004-12-29 20:14

年末。

まさに年末、師匠も走る師走ですね。
私も、やることがたまってきて、焦りぎみです。
大掃除。年賀状。買い物とか。図書館に本を返しに行ったりとか。。。

ちなみに、私にとって一番やっかいは、大掃除です。
部屋を片付けるだけでなく、資料を整理したり、書きかけの歌詞などを整理したり。

その中でも、一番やっかいなのは、身体。病院に行って、大掃除。

一年動かした身体も、けっこう汚れたり痛んだりしているので、毎年この時期に風邪をひいてしまうんですよね。そして、大晦日or元旦に、点滴…がここ数年のパターンだったので、今のうちに、掃除をして、すっばらしい新春を迎えようという大作戦!!
整形外科にいって、くびやらかたやら、ぐきぐき、とか…。い、痛ーーーーい!!!!
耳鼻咽喉科で喉を診てもらって、「赤いから、お酒はダメ」とか…。え、ええ〜。
実はこれが、一番たいへんな掃除の気がしますが(>_<)
でも、思ってもない疲れを発見できるから、頑張らねば。。。

今年も残すところあと数日。
一年をすっきりしゃっきり終わらせて、ハッピー迎春する為に、みなさまも身体の大掃除、いかがですか?
by yui-nikki | 2004-12-27 23:48

生きるということ

昨日、この日記部屋を更新した後、大好きなテレビ番組を見ていました。

月に一回、色んなテーマをあげ、老若男女問わず色んな立場の人が討論する番組なんですけど、これが面白くて。
例えば「霊というものは存在するか」というテーマで、学者と霊能者が討論したり、「殺人はいけないことか」というテーマで、私と近い年の人達と年輩の人、元警察官の人が討論したり。。。
それを見る度、いつも色んな事を考えるんですけど、昨日の放送は、今までで一番の衝撃と、とてつもない、何か波のようなうねりを私に残していきました。

昨日のテーマは、「生きる」ということ。
現代社会において、色んな事件がおこっているが、それについてどう思うか。
集団自殺。誘拐事件。少年が自分の親を殺害する事件。
いのちとは。

そして、そのテーマ討論の最後に、討論の輪に加わった一人の男性。
奥山貴宏さん。
「31歳ガン漂流」という本を書かれた、フリーのライターさん。
肺がんで、一昨年の時点で、余命があと二年と言われたそうです。
そして、今現在も病と闘っている。

昨日テレビを見るまで、私は全然奥山さんの事は知らなかったのだけど…
奥山さんが、この番組の中で言った、
「自分が死んだあと、奥山貴宏という人間が居た事を忘れられたくない。
 だから、本を書きたい。自分が居たという事をちゃんと残したい」
「ここで色んな人に出会えるのは、自分が生きているから。
 そしてその人が生きていてくれるから」
の言葉や、月並みの表現しか出来なくてほんと悔しいんだけど、奥山さんが命を懸命に生きる姿。
それらに、身体をぎゅっと強く、つかまれました。

私にも死はちゃんと近付いている。
でも、その瞬間は、その瞬間が来るまで分からない。
明日かもしれない。一年後かもしれない。二十年か、六十年先かもしれない。
じゃあもし今死んだとしたら?自分が居た事を、残せてる?
そして、出会う人すべてに感謝出来てる?

…きっと後悔する。そんな生き方しか出来てない。
わたし。


正直、死を想う事は恐いけれど、それをする事で、今の生をもっと強く感じられるなら、いつもそれを想おう。死にゆく事を。
そう思うと、明日が来るって、誰かに会えるって、当たり前のようで、なんて贅沢なんだろう。
ちゃんと生きていかなあかんなぁ。

生きるという事に出会えた、奇跡にキスを。
そして、あなたと出会えたことに、めいっぱいの感謝を。
by yui-nikki | 2004-12-26 23:40

アメリカでサンタクロースを追跡しているそうですが…
サンタさんは、クリスマス以外は何をしていらっしゃるんでしょうか。ナゾ(-_-)

さてさて、わたくし、山路唯23歳、サンタクロースを今でも信じています。
理由は簡単…プレゼントを毎年くれるから!!

まぁ、プレゼントと言っても、小さな頃のように、25日の朝目覚めたらぬいぐるみが!!ってのでは、ないのですが。
それは、日本全国、いや、世界中のパパ・ママが頑張っているから出会えるプレゼントだということで(^-^)
おっきくなった今は、物じゃないプレゼント。
今のほうが、ほんとにサンタさんからプレゼントをもらっている気がするなー。
今年は、色んな人からの優しさがプレゼントでした。

クリスマスカードの返事に、涙が出るようなあったかい言葉を書いてもらっていた事。
仕事先の、全然知らない人から「クリスマスおめでとさん」なんて言われた事。
妹の彼氏と会うのが、年内最後にだったので「よいお年を」なんて言われた事。
ルミナリエの写メールを頂いた事。
久々に連絡した友達から「飲みに行こうよー」なんて誘われた事。

あげるとキリがない位、この二日間で、いつも以上にあったかい優しさをもらえました。
サンタさん、謝々☆
また来年もよろしくたのむよーーーm(__)m

みなさんのもとにも、すてきなプレゼントは、届けられましたか?
by yui-nikki | 2004-12-25 23:51

b0020723_15152448.jpg

ホワイトクリスマス…ではないけれど、クリスマスディがやってきましたね(≧ω≦)みなさんはいかがお過ごしですか?

今年、いろんな喜び、いろんな悲しみがそれぞれにあったと思いますが、すべての人たちの元に、たくさんの幸せが降り積もることを、非力ながら願いたいと思います。
そして、今年、首やら肩やら腰やらと、とにかく整形外科のお世話になりまくった私にも、幸せが降り積もるように、祈りを(;^_^A

みなさんが、愛する人と、そして自分のために、静かに願い、楽しむ、ハッピーなツーディズでありますように!
★☆Merry Christmas!☆★
by yui-nikki | 2004-12-24 15:15

モヨウガエ

クリスマス二日間限定で、少し日記の部屋の模様替えをいたしました。

皆さんの、明日の御予定はいかに。

わたくしは、仕事から帰宅しましたら、明日は一年に一度「明石家サンタ」を見れるクリスマスを満喫します(笑)

クリスマス、御目出度う…☆
by yui-nikki | 2004-12-24 02:40

私にとって

日記をつけること。

私自身の中で色々いろいろうかんでくる事をまとめられる、すべ。
私自身を振り返る時間の、記録。

世界が、私だけ置きざりにまわっていく毎日に、私というアカシを残していく、為。


今日、私の「最近日記付けてるんよ」の言葉に、「どうしたの?」って返した友達の言葉に、ふと思った事。
毎年、元旦に、「今年こそ日記をつけよう」と決意して、三日坊主にもなれない私が、ここに色んな事を想い、書いている。私という証を残していく為。
人間、やるぞっとかのくだらない決意が無い方が、物事進められるんかもしれへんなぁ(笑)

ここに書く色んな事が、色んな人に読んでもらえる事を、改めて感謝しています。
本当にどうもありがとう。
by yui-nikki | 2004-12-23 23:56

あ、足が痛い…

今日は、おっ気に入り・ヒール10センチのウエスタンブーツを、一日中頑張って履いていたのです、が。
いま、あいにいきます…じゃなくて、いま、あしいたいです、になっております。
(何の関連性もないやろ・・・)

この靴で一日歩きっぱ、は、やはりつらかった。。。
身長が180cm近くなってしまうので、人の目もなかなかつらかった。。。
電車に座って乗っていて、降りる駅が来たから、と立ち上がったら、私の前に立っていたおじさんが、「なんじゃこのおんな」って、目が丸くなってたのには、笑いそうになったけれども(^^;)
立ったまま、一生懸命小説を読んでいらしたのにびっくりさせてしまって、ごめんなさいでした、おじさま…

うーむ、ヒールの靴もいいけど、やっぱ私には、アディダスのスニーカーが合ってる気がします。
一日履いただけで足が痛いなんて、嗚呼(涙)
女らしさ、の欠乏にも嗚呼、や〜。

ヒール靴さん、あの、女力をあげる為にも、これから頑張って履く回数をふやそうかと思いますので、もう少しお手柔らかになりませんかのぅ。。。

それにしても、いたいよーーーー(T_T)
by yui-nikki | 2004-12-22 23:48