ブログトップ

カテゴリ:ソウル( 49 )

FULL of HAPPY

左手の薬指の捻挫が治ったようでほっとしている唯です。
ピアノを弾いても手が痛くない~小躍りぃ(笑)

さて
小躍りといえばもう一つ!!
小躍りというか大踊りな出来事!!

来る11/17(金)に、ワンマンライブをさせて頂く事になりました!
歓喜♪

ちなみに今回はソロではなく、現在進行中のユニットのボーカルとして登板します(^-^)

まだ、日程以外の詳細は未定ですが、決まり次第色んな所でアナウンスさせて頂こうと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



朝ゴス昼ボーカルのレッスンの後、ライブの打ち合わせに行く、という濃い目の一日で、めっちゃ満腹♪

そのお陰か、今朝の早起きもぜんぜん苦じゃなかった。
我ながら、ゲンキンやわ…(^^;)

と、いうことで(!?)

よっしゃー、今日も歌いまっせー♪
by yui-nikki | 2006-10-02 11:06 | ソウル

Happy Singin' Life

日曜のこんな時間にうちに居る。
出で立ちはお気に入りのスカートとキャミソール。
髪の毛はおだんごに結って。。。

なんちゅーゆるさよ( ̄▽ ̄)

でも、これも幸せだけど、ほんま今週末はおもろかった!!

まず、昨日のヤマハのイベント。
で、指揮ふってきた、と。
めずらしくスカートなんかはいて、めずらしくヒールのサンダルはきっぱで、初めてドレス用の白い手袋なんかしてみたりして。
ま、白い手袋は、買いに行ったとき「ブライダルですか?」って聞かれた代物やけどっ(うがー)
いえいえ、指揮者の出で立ちということで使いましてん。To お店のおねいさん。

でも、たまにああいう格好するのもいいなぁ。
なんか女スイッチ入る、というか。

いやいや、それより何より、指揮。
実のところ緊張しまくってて、本番前にうちクラスのメンバーや見に来てくれた人、はたまたNよせんせ(^^)にも「てっ、手が、ふーるーえーたぁ」なんて言うててんけど。。。
リハで私の緊張は出尽くしたのか、本番は全く震えなかった。
てか、ものすごい楽しかった。ものすごいベタな言葉やけど、気持ちよすぎて死ぬかと思った。

そして、人の顔ってあんなに綺麗に輝くんやって思った。
ゴスペルって、いや、歌う事、音楽ってすごいって思った。

生まれた環境も、今居る状況も、歳も性別も違う人たちが、同じメロディーで繋がる。
ドレミファソラシ、の七音で。
で、みんなめっちゃ笑顔になる。

指揮をしながら、音楽の圧倒的なパワーをまた感じた。

音楽って、…!!
もうどう表現すべきなのか、言葉が見つからないほどよ。

そして、今日。今さっき。

目黒のイベントの手伝いをして、もう一つ用事を済ませて帰ってきた。
これまたテンションあがるイベントやった。
例えばアメージンググレイスを歌った後、ぱって見たらでっかい「すだちくん」がスタンバイしとって、死ぬかと思ったり(これまた。といっても今度のは面白くて、やけど)
おもわずMCが関西弁になってしまったり(^^;)
それと、久しぶりに人前でデスペラードを歌ったのが自分的に刺激になったり。

いやはや、見に来て下さったOさん、Kさん始め関係各位の方々、ありがとうございました!!


さぁて、次はどんな歌を歌おう?
なーんて、横を見ると、お歌でやらなあかんこと、やりたいことが山積み。

ああ、Happy Singin' Life♪
by yui-nikki | 2006-09-10 15:06 | ソウル

決意の朝

16日の詩を読んでくれた皆様。
読みづらくてごめんなさい。
改めてアップしましたので、良ければもう一度ご覧くださいませ。
****************************************

やっと落ち着いた生活が戻ってきた。。。

帰省したり、神奈川で録音してたり、都内で打ち合わせがあったり…で、なんか体内時計が狂ったのか、一昨日からいまいち体調が芳しくなくて、辛かった。
そんな自分に嫌気がさした。

でも、昨日の朝ゴスペル昼ボーカルのレッスンデーにだいぶ救われた。

歌うっていいなぁ。
当たり前の、子供じみた、聞きなれた表現だけど。

私にとっては歌が力。薬。支え。
ま、たまに惚れ込みすぎて痛い目みたりもするけど。
…なんや恋愛みたいな書き方やな。(^^;)

さて。

今日は、決意の朝、だった。

部屋の中、頭の中、散らばってた色んな事を、昨日整理した。
いくつかを捨て、いくつかを取り、そして決意した。

だからもう大丈夫。と思って寝たら、今日の朝は驚くくらい楽だった。
いや、楽というか心地よいといったところか。
街中を、しゃんと背筋張って闊歩したくなるような爽快感が身体を走ったし。


自分がもう厭。女であることが疎ましい。非力であることに地団太を踏む。首輪のように絡みつくしがらみに狂いそうになる。

どこにも答えなどないと思った。けれど。

どこでもなくここに、ちゃんと在った。

そんな、決意の朝だった。
今から仕事に行く、なんてことのない月曜の朝だったけれど。



さぁ、休憩を終えて、そんな決意の朝がくれた胸の響きを感じながら、また仕事に戻りますか。(^^)v
by yui-nikki | 2006-08-21 17:44 | ソウル

おおみそか。

b0020723_18462636.jpg

     年があける直前まで、こんな感じ。あわわ。

あっと言う間に今年もおわるなーと思っていたら、もう!?
と、年があける感覚の無いまま、パソコンに向かっている大晦日。

ただ単に日付けが31から1になるだけのことなのに、みなさん騒ぎ過ぎよ。なんていつも思うのだけど、かくいう私も、いつもその波にちゃあんと乗っているという、この滑稽さよ(笑)

でも、この年がかわる瞬間って、何とも言えない気持ちになるから結構好きだ。
ストップウォッチをリセットさせるような感覚で。
今まで計ってきたタイムを、どこかに書き留めて、で、リセットするというような。

ということは、今はそのリセットに向かって、この1年というタイムを、ココロのどこかに書き留めている、といったところか。

で、振り返る弐千五年。

今年は、去年にもまして色んな人に出会ったり、色んな場所へ行ったなぁ。。。
ヤマハの仕事で出会った人達。場所。
友達の友達と仲良くなる、とか。
昔からのファンの方々と会ったり、古くからの友達と東京で再会、とかもあった。
あと、ライブでも色んな人に知り合ったし、師匠に再会!!ってのもあった。
そして、今の私の音楽生活を支えてくれてる、FROG's plAnetのクリエーターの皆々様も、そうですな。

なんて考えると、年々知り合う人、会う人が増えてきているように思う。

——あなたと出会えた事が今年の最大の宝物。

だーいすきな歌の一節を歌いながら、しみじみ色んな人の顔を思い出してみる。
感慨深いし、ほんま幸せな事やわ。

なんて考える横で、携帯が鳴る。
高校の時からのワル友が、「住所教えてー」だって。今、年賀状!?
…私もさっきまでやってたけどさ(笑)
そして妹に話しかけられる。
「おねーちゃんお腹すいたー」

うーん、今年出会った人だけで無く、ずーっとそばに居てくれる人、ずーっと仲良くしてくれてる人ともたくさん思い出のある年だったな。

今年の私の色んな思い出は、まさに人と会う事の中にたくさんあったという感じ。
昨日も音楽友達のひとり、チェ・ジウ似のさき嬢に会ってたし。
また思い出ひとつ。

と、いうことで、改めて。

今年1年、私に関わってくれた皆様、ほんとありがとうございました。
そしてっ、来年も何卒よろしくどうぞであります!!


さーて、来年はどんな事が待っているやら。
おもろい事、辛い事、すごい出会いに色んな気持ち。

今年よりもっと艶やかにしなやかに、そしてカッコ良く!!走り抜けたい。

さぁ、ネクスト弐千六年、いきませう→!!
by yui-nikki | 2005-12-31 18:37 | ソウル

a song for me 

良い曲を聞くと、心が騒ぐ。
しかもなんとその曲は私が歌う用に書かれたもの、なんて豪勢な設定だと、身体の全部が騒ぎ出す。

最近ご無沙汰だったその感覚に、今日は久しぶりに会えた。
胸の中を、ぐわーーーって台風が突っ切るみたいだった。
興奮しまくりで。

そして、
わくわくって言葉じゃ貧相。足れへん。
なんて思うほど、胸が高鳴っている、今。

早くこの曲に命を吹き込みたい。
…吹き込まねば。
by yui-nikki | 2005-10-14 23:00 | ソウル

Is this road to the Muses?

仕事帰り、ゴスペルのCDを買いに新宿タワレコまで足を運ぶ。

2枚欲しいのがあったけど、1枚しか販売されておらず…で、1枚だけ購入。
早くそれを聞きたくて帰り道の電車の中でうずうず。

そして今は、そのCDをかけながら、このテキストを打っている。


不思議。

今の仕事をしていなければ、このCDに出会っていなかった。
でも、ついこの前まで名前も曲も知らなかったこのCDの、何曲かはもう歌えるようになっているという今、この現実がとても不思議。
色んな瞬間瞬間が与えてくれるものって、本当大きい。。。

こうして、また一つ音楽を知り、また一歩Museに近付けたか?
嗚呼、世界中の、まだ知らぬ、聞ける音を全部聞きたいよ。
その「瞬間」に、早く出会いたいよ。

さっきから、あたしの中の何かが疼いて仕方ない。
by yui-nikki | 2005-09-05 23:48 | ソウル

雨の歌謡日

今日は、私が担当しているボーカルクラスの生徒さんたちから、飲み会へのお誘いを頂いたので参加してきた。

まず、楽しかったーーー☆
そして驚いたーーーー!!!

何が楽しかったって、ビール片手に、ちょっと(だいぶ?)レッスンとは違う雰囲気で色々しゃべれたことが、もう。

あと、以前にこのクラスにいたという方とお話をする事も出来たし。

そうそう、私をまん中に、まわりを囲むように皆さん座ってくれたのだけれど、それを見ながら、
「この仕事をもししていなければ、出会えて無かった人達なんだよなぁ」
なんて思って、ちょっと、ぐっと来たりもしたな。

あの時の私の選択と、それぞれの人達の選択と、様々な事由がタイミングが折り重なり、今が在りなんだよなぁ、と(しみじみ)

色んな意味で、本当にすごく楽しかった。

そして。。。
何が驚いたって、その時の会話の中に
「先生のホームページに書いてたっけ?」
みたいなことがさらっと出て来たことが、もう!!

ここ(「ニッキ」と「唯心一唄流」)の事を、私は全然話した事がなかったので、ただ単純に
「なんで知ってるん!?」
と焦りますた(笑)

でも、実は焦った以上に嬉しかったり(〜 ̄▽ ̄)〜

わざわざ調べて見つけて、見てくれている事が、めちゃハッピー☆

このクラスの人達だけでは無く、他のクラスの人も見てくれているようで、メールをくれたり、レッスンの時に「見ました」と言ってくれたりするんですよね。最近。

もぅ、全部、ほんまにほんまに嬉しい限り…ありがとうございます。

and 今日の飲み会メンバーの生徒の皆さん、お疲れさまでした♪



よし、今日の飲み会のお陰で、「講師モードの山路唯」がまた一つパワーをゲットだ!!
そして、さらに固める決意!!

これからも、
「その人らしい唄」
を歌うボーカリストと、
「めっちゃパワー全開のゴスペル」
を歌うクワイヤーを、たくさん増やしていくぞっ。

щ(゚Д゚щ)カモォォォン
by yui-nikki | 2005-08-30 23:53 | ソウル

b0020723_1212268.jpg

             やっと手に入れた!!! 撮影・唯

先日発売されている事を知り、ほしいほしいと思っていたこのCD。
ついに今日ゲット。

今日は池袋の楽器店で講師の仕事をしていたんだけれど、全部のレッスンが終わったあとで、たまたま店頭にこのCDが並んでいるのを発見。
「あ!!!!」
そして即
「このCD買いたいんですけど…」
と、スタッフの人に申し出たトコロ返ってきた第一声は

「え、先生、クラシック聞くんですか?」

…うーん。確かによくよく考えれば、イメージが湧かないか。一致しないか。

いやぁ、実は私、大のクラシック好きで。
てか、私の音楽人生の始まりはクラシックからだし。
小さな頃初めて読んだ音楽系の本といえば、母方の祖母のうちにあった、世界の音楽家全集みたいなやつだし、ファンキー母が習わせてくれたピアノで、どうしても弾きたいと憧れた曲はベートーベンのピアノソナタ第十四番「月光」だったし。
…といっても、本はタイトルを覚えていない、「月光」は到達しないままレッスンをばっくれた、フトドキモノだけれども(汗)

ままま、そんな感じで(?)、私の音楽人生の始まりには、モーツアルトやビバルディ、ショパンやバッハが流れていた訳で。

だから、今はポピュラーのハタケにいても、その魅力からは離れられないというか。

そんな私の目の前に、突然現れた、この「BEST CLASSICS 100」。
六枚組三千円という驚きの安価な上、誰が演奏しているか分からない音源では無く、ベルリン・フィルやパヴァロッティといった豪華な演奏陣による音源で、かつ有名ドコロはほぼ網羅されているといったような選曲。
憧れた「月光」も入ってるやーん、小さな頃好きだったグリーグの「朝(「ペール・ギュント」より)」も入ってるやーん、ときたら、考えるまでもなく、結論は「購入決定!!」で。

そして今一枚目の7曲目、第九の「喜びの歌」を聞きながら、このニッキに取り組む私。
またこんな時間に、意味も無く意気揚々としてきた(笑)

ああ、五線譜に鏤められた、この音の素晴らしさよ。
ポピュラーもいいけど、やっぱクラシックもいいなぁ。。。

出会うきっかけを作ってくれたファンキー母と、練習しない私にも優しかった(涙)ピアノの先生に感謝。
あと、今日「講師割り引きで一割引きますね」と値引きしてくれた上(ちゃっかり)、閉店間際にも関わらず丁寧に対応してくれた増田さん・佐藤さんにも感謝せな(^-^)

ささ、今日のおやすみ音楽は何にしようかなー、ヘンデルの「メサイヤコーラス」とか?
…聞き入って目ぇ覚めちゃうかも(汗)
by yui-nikki | 2005-08-10 23:20 | ソウル

唄います。

b0020723_19121173.jpg

              とあるスタジオにて。

久しぶりに唄う姿を公の場に。

自分で書くのも言うのもなんだけど、あいかわらず唄う時は楽しそう。
自分で書くのも言うのもなんだけど、やっぱこの瞬間が何より幸せらしい。
「山路唯」という女の子は、ほんまにこの瞬間が何より好きなんだと、この写真にしみじみ思う。
なんか第三者的なコメントだけど。

写真ってのは、自分を一番客観的に見れる(視覚的にも、思考的にも)材料だと思う。
「うわー、私ってこんな顔かぁ、眉間のしわどうにかなんない?」
って、自分の顔見てアイタタってなったり、
「あの時しんどいの隠してたつもりだったけど、だめだこりゃ、顔に出まくりやん」
って、自分が思ってる以上に顔は正直なことに驚いたり。
そして、今日の私みたく、
「ああ、やっぱり笑顔かぁ」
なんて再確認したり。
昔はあまり写真は好きでは無かったんだけど、最近は好きかも。
撮ってもらうことも増えたし。

しっかし、草臥れた次の日でも、ちゃんと心は元気になって顔にハッピーが出るのね。
ドレミファソラシ、七つの音だけで復活する。
あたしにとっての、ラッキーセブン。
これからも導いておくれ。
by yui-nikki | 2005-07-06 19:51 | ソウル