ブログトップ

音楽人生の始まりに、流れていたのは

b0020723_1212268.jpg

             やっと手に入れた!!! 撮影・唯

先日発売されている事を知り、ほしいほしいと思っていたこのCD。
ついに今日ゲット。

今日は池袋の楽器店で講師の仕事をしていたんだけれど、全部のレッスンが終わったあとで、たまたま店頭にこのCDが並んでいるのを発見。
「あ!!!!」
そして即
「このCD買いたいんですけど…」
と、スタッフの人に申し出たトコロ返ってきた第一声は

「え、先生、クラシック聞くんですか?」

…うーん。確かによくよく考えれば、イメージが湧かないか。一致しないか。

いやぁ、実は私、大のクラシック好きで。
てか、私の音楽人生の始まりはクラシックからだし。
小さな頃初めて読んだ音楽系の本といえば、母方の祖母のうちにあった、世界の音楽家全集みたいなやつだし、ファンキー母が習わせてくれたピアノで、どうしても弾きたいと憧れた曲はベートーベンのピアノソナタ第十四番「月光」だったし。
…といっても、本はタイトルを覚えていない、「月光」は到達しないままレッスンをばっくれた、フトドキモノだけれども(汗)

ままま、そんな感じで(?)、私の音楽人生の始まりには、モーツアルトやビバルディ、ショパンやバッハが流れていた訳で。

だから、今はポピュラーのハタケにいても、その魅力からは離れられないというか。

そんな私の目の前に、突然現れた、この「BEST CLASSICS 100」。
六枚組三千円という驚きの安価な上、誰が演奏しているか分からない音源では無く、ベルリン・フィルやパヴァロッティといった豪華な演奏陣による音源で、かつ有名ドコロはほぼ網羅されているといったような選曲。
憧れた「月光」も入ってるやーん、小さな頃好きだったグリーグの「朝(「ペール・ギュント」より)」も入ってるやーん、ときたら、考えるまでもなく、結論は「購入決定!!」で。

そして今一枚目の7曲目、第九の「喜びの歌」を聞きながら、このニッキに取り組む私。
またこんな時間に、意味も無く意気揚々としてきた(笑)

ああ、五線譜に鏤められた、この音の素晴らしさよ。
ポピュラーもいいけど、やっぱクラシックもいいなぁ。。。

出会うきっかけを作ってくれたファンキー母と、練習しない私にも優しかった(涙)ピアノの先生に感謝。
あと、今日「講師割り引きで一割引きますね」と値引きしてくれた上(ちゃっかり)、閉店間際にも関わらず丁寧に対応してくれた増田さん・佐藤さんにも感謝せな(^-^)

ささ、今日のおやすみ音楽は何にしようかなー、ヘンデルの「メサイヤコーラス」とか?
…聞き入って目ぇ覚めちゃうかも(汗)
by yui-nikki | 2005-08-10 23:20 | ソウル