ブログトップ

果敢に挑む。

去る8/23(土)に行わせて頂いた、「Yui’s “One Knight Stand”」にお越し頂いたたくさんの皆様。また、ゲストでサポートしてくれた、シンガー斯波景子さん、ピアニスト鳩野信二さん、そして、多大なご協力を頂いた、唯組メンバーの佐藤さん、堀越家の皆様、無何有の皆様。

皆様全てのお心遣いが無ければ、私のこの時間は成り立ちませんでした。
心より感謝申し上げます。

***********************************
あっという間に、もう9月…
この夏はとにかく「何にでも果敢に挑む」を自分のテーマ(目標?)にしていたのだれど、それが影響して、なのか、一日がとても早く過ぎるような気がしている。
うーん、果敢に挑みたいことが多すぎ、だから?(*^_^*)
でも、逆に、大事なことはどれか、要らないことはどれか、を、改めてよく考えるようになったというか。自分の環境や、思考回路がすっきりした感じ。
気持ちが良いから、この秋も…いや、今後も当分このモードで行こうかな。

そして。
「何にでも果敢に挑む」の中の一つが、これで。

何年かぶりに、自分一人でライブをすること。企画構成・アレンジ・伴奏、全て、一人で。

全部自分でやるということ、は、とても楽しいのだけれど、とても大変だったという記憶や経験が邪魔して、ここ数年、なかなか手を伸ばせていなくて。
でも、今年はなんとなく「やってみようかな」と、思えていた…ので、逃げずに「果敢に挑む」んでみた。(誤字じゃなくて、わざとっ。)

いやー、案の定、一週間くらい、失敗する夢から声が出なくなる夢から見まくったけど(自分の小ささに苦笑。)
やってみたら、思っていた以上に得るものが多く、やりたいこともまた見つかった、というか。
今までよりもっとピアノを好きになったり、次はギターで歌いたくなったり、アレンジの勉強ももっとしたいと思ったり、新しいボーカルユニットのプランを真剣に進めようと思ったり。なんか、いろいろ色々。

そして、ちょっと考え方が変わった。
これが今、ちょっと心地いい。

うーん、果敢に挑むまでは、迷うし躊躇うし、不安でいっぱいになるけど、果敢に挑めたら、次にもっと高いモノに挑みたいって力が湧いてくる。おもろいなぁ。
…って、無事終わったから、カッコつけて言ってみる(笑)

明日もまた、果敢に挑む気持ちを、思いっきり強く持って。
がんばろっ、たのしもっ♪

b0020723_0423379.jpg

いつも設営をして下さる、あらゆるスタッフさんに感謝しつつ。。。
今日は、私が私のスタッフっす!ということで、設営中の巻(∩´∀`)∩
b0020723_0442520.jpg

あまり撮ってもらったことの無い、リハ中の写真。


2014.8.23.(Sat.)
@無何有
「Yui’s “One Knight Stand”」
Vo.& Pf. 山路唯

【Set List】
1st
1. 早咲きの桜 / Original - YUI
2. ひこうき雲 / 荒井由実
3. 夜空ノムコウ / SMAP (A Cappella)
4. 君が今 / Original - YUI
5. Empire State of Mind / Alicia Keys (Wiz KEIKO on Vo.& Pf.)
6. Someone To Watch Over Me
    / G.Gershwin with I.Gershwin (Wiz KEIKO on Vo.& Pf.)
7. I Feel Pretty - Unpretty / Glee Cast (Wiz KEIKO on Vo.)

2nd
1. 夏服 / aiko
2. Hard day’s Night / The Beatles
3. Stand By Me (Wiz Mr.Hatono on Pf.)
4. うたかた。/ Cocco
5. Close To You / Carpenters
6. Your Song / Original - YUI
En. You’ve Got A Friend / Carole King (Wiz KEIKO on Vo.)
b0020723_045244.jpg

けいこちゃんと。

b0020723_0472140.jpg

ハトさんと。
# by yui-nikki | 2014-09-08 23:32 | ソウル

b0020723_224419.jpg

7/31に行わせて頂きました、Jazz Session named 「俺と唯」 at Mardi Gras、たくさんの方々にお越し頂きましたこと、本当に感謝申し上げます。
そして、久しぶりに出演させて頂きました、マルディグラさんにも感謝です☆

このハウスは、お客様との距離がとっても近くて、めちゃめちゃ好きなハウスで。
緊張も(正直)するけれど、その緊張もお客様との距離も、全部演奏の一部!みたいに感じられて、大好きというか。

そしてそんな中演奏させて頂いたのは。
久しぶりのJazz Standardばかりを、大先輩と共に♪

先輩ばっかおって、だーーーいきんちょー!!でしたが、ものすごーく楽しく、思いっきりパフォーマンスさせて頂きますた。ハイヒールが壊れるほどに。(笑)
(なんか私、テンション上がって歌いまくると、靴壊すんだよな…去年の某ツアーでも壊したし…汗)

そして。
最近はずっと、自分の曲を書くモードか、もしくは大好きなRockばかり歌うモードか、が多かったのだけど、そこにさらにJazzモードが足されている状態。
やりたいことが多すぎて、また嬉しい悲鳴。
どれから食べていこうか…(´艸`*)

2014.7.31.(Thu.)
@Mardi Gras
「Jazz Session named 俺と唯」
Vo.山路唯・Sax.正富一成・Pf.平賀篤・Ba.鹿島達彦・Dr.繁泉英明

【Set List】
1st
1. Day By Day
2. Misty
3. On Green Dolphin Street
4. Quiet Nights And Quiet Stars
5. Black Orpheus
6. I Can't Give You Anything But Love
7. Lady Is A Tramp, The

2nd
1. As Time Goes By
2. My Favorite Things
3. Just Friends
4. Summertime
5. How Insensitive
6. That's All
7. My One And Only Love

En. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)
# by yui-nikki | 2014-08-02 22:06 | ソウル

For both

私が育った街には、ボーカルトレーニングを受けられる場所は、本当にちょっとしかなくて。
貸しスタジオも、多分、両手で数えて終わってしまうほどしかなくて。
(今はもっと良くなっていると思うし、そうあって欲しいんだけれど)

16歳のころ、「音楽でご飯を食べたい」って思った私は、大阪や東京が本当に眩しい場所に思えた。
スタジオもたくさんある。欲しい機材もすぐ手に入る。コーチもいっぱいいる。

でも、諦めないでいられた。今に至れた。
それは、支援し、手を差し伸べてくれる、家族や先生がいたから、だ。

その私と、ダブらせるのは違うのかもしれないけれど、彼ら・彼女らのことが重なった。
東日本大震災の被災地に生まれ、育ち、音楽家を目指す、彼ら・彼女らのことと。
練習場所、楽器、楽譜。「頑張ろう」と思える気持ち。「諦めないで良い」って言ってくれる声。
彼ら・彼女らに必要で、足りないものは何だろう?
私に出来ることは?

私自身、夢をまだまだ追い続けたい。どんなことがあっても。
そして、願わくば、あの頃の私を支援してくれた人たちのようにもなりたい。
私の力なんて、微力だろうけれど…でも。

今。
自分の為だけに歌う歌なんか、私はそんなの覚えたくないって歌詞の曲がくりかえし頭の中に流れてる。
昔、よく、友達とカラオケで歌った、なつかしい曲。
それを今、本当に痛烈に思うよ。


*****************************************************
去る6.8.(日)、東日本大震災被災地の音楽家を目指す学生への支援の一環として行わせて頂いた、ゴスペル・チャリティーライブにお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

当日は、チケットなどの収益の他、10,860円の募金も集まりました。
集めさせて頂きましたお金は、夢は叶うプロジェクトを通じて、学生への音楽支援資金として寄付させて頂きます。

皆様のあたたかいご理解とご支援に、心より感謝致します。

Choir Director 山路唯

b0020723_23455124.jpg

# by yui-nikki | 2014-06-19 23:50 | ソウル

2014年4月15日。

たくさんのお祝いメール、Facebookへの投稿・メッセージ、お電話にプレゼント…
本当にありがとうございました。

今年も、自分が生まれた日を元気に迎えられる幸せを噛みしめ、そして、たくさんの方との繋がりを改めて強く感じた、とてもとても幸せな時間でした。

驕ることなく、謙虚に。
どんな困難があっても、いつも笑顔で。
そして、常に学びの姿勢と、感謝の気持ちを忘れず。
この歳も歩いていきたいと思います。
皆様、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

山路唯
**********************************:
新学期になって、私だけすぐ皆より一つ年上になるんだよなーーー(*´Д`)
と、毎年思っちゃって、小さな頃は4月生まれが正直嫌だった。
(頑張って産んでくれたファンキー母、ごめんなさい)

でも、今は4月生まれで良かったと思っている。
桜やツツジが咲き、新しいことを始めたくなるタイミングに、新しい歳になれる事により、新しいことや、やりたいことに対しての気持ちが、さらに燃え上がる、というか。

そして、今年の4月も、誕生日その日を含めて、とても素晴らしい時間だった。

まず、ライブが3本。初めての場所で歌わせてもらったライブ、自分のやりたい形で出来たライブ、それと、尊敬する二人のミュージシャンのライブにお邪魔した1本。
あ、トレーニングを受けてくれているメンバーとのステージもあった月でしたな。

それと、久しぶりに会う友達や、新しく知り合った人たちから刺激を受けた時間でもあって。
新しい仕事に就いていたり、新しい生活になっていたり、新しい仕事を下さったり…
私も常に、「新しいこと」を追いかけて頑張らないとなぁと思った次第で。

あとは、仕事をするようになって(多分)初めて、誕生日当日を休暇にした(´艸`*)
いつもお世話になっている、NYHCのKYOKOさんには、「アメリカ人みたいだ」とFBで言われちゃったけど(*^_^*)
ものすごーーーくリフレッシュ出来たー。
休んでると、なんか分かんないけど「休んでて良いんだろうか」と不安になるタイプなんだけど(苦笑)、この日は素直に「休む。」って思えていたというか。…誕生日だから、気が大きくなったか!?
まぁ、機械じゃないんだから、休まないと崩壊しちゃうのはよく理解しているのだけれど。

あっ、あとあとっ、「Frozen」も見た&初3D映画体験もした!
3Dグラスをかけて、最初の反応が「おおお」というベタなものだったので、一緒に行ったHさんに笑われたけど(笑)

と、そんな誕生日月を経て。
前の歳より、もっと色んな経験をしたいこの歳。
そして、色んな事に対して、もっと強くなりたいこの歳。
また、歩みを進めます!

b0020723_16531012.jpg


最後に、時間が経っちゃったけど…4/11のSet Listと、頂いた写真。
Original Songをたくさん書くことも、この歳やりたいことのひとつ!

2014.4.11. (Fri.)
@ 楽屋
「Songbird sings in April ~四月生まれは誕生会の経験が少ないのよライヴ、今年は一人で演っちゃうよっ。の巻~」
Vo.&Pf. 山路唯 Sax. 正富一成 Pf. 平賀篤 Ba. 鹿島“カッシー”達彦
【Set List】
1st
1. It’ Only A Peper Moon
2. Antonio’s Song
3. Body And Soul
4. Hello, Again ~昔からある場所~ / My Little Lover
5. Just The Way You Are / Billy Joel
6. The Crack Of The Quiet Night / Original - YUI
7. ススメル / Original - YUI
8. 光る波 / Original - YUI

2nd
1. 早咲きの桜 / Original - YUI (弾き語り)
2. Your Song / Original - YUI (弾き語り)
3. rain note / Original - YUI
4. Mas Que Nada
5. Agua De Beber
6. I Believe I Can Fly / R. Kelly
7. 旅路 / Original - YUI

En. 青 / Original - YUI
b0020723_16544187.jpg

# by yui-nikki | 2014-05-01 16:59 | ソウル

Ark Hills Cafe Live!

b0020723_23302732.jpg

昨日のArk Hills Cafeでのライブにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!
週の真ん中・水曜日にも関わらず、たくさんの皆様にお越し頂けたこと、
心より感謝しております。

山路唯
*****************************
なんと有難いことに、アンコールまで頂きまして…
最後に「三人で」(Set Listを見て頂けると意味が分かるかな?)、大好きな曲「Stand By Me」を歌わせて頂きました。

現場があまりにお洒落カフェで、最初は「どどど、どうしよう」とそわそわしてしまったのだけれど(笑)
スタッフさんは気さくで、ご飯も美味しく、そして、お客さんとの心地よい近さに、本当に気持ちよく演奏出来た、というか。

二人の先輩ミュージシャンの演奏も素晴らしく、その音の上で歌える喜びを噛みしめると同時に、聞き入り過ぎて何度も素に戻ってた気も…おほほほほ(*^^*)

充実の時間。
またまた、自分のやりたいことや足りないことも見えたし。あー、もっと歌いたい。

また、歩みを ‘ススメル’ べし。

撮って頂いた写真を見て(めっちゃ笑顔や!!笑)、昨日の喜びを改めて感じている唯でした。
b0020723_23312824.jpg


2014.4.9. (Wed.)
@ Ark Hills Cafe
「山路唯 Free Live」
Vo. 山路唯 Pf. 平賀篤 Ba. 鹿島“カッシー”達彦
【Set List】
1st
1. Fly Me To The Moon
2. Night And Day
3. Songbird / Fleetwood Mac ... Pf. & Vo.
4. 光る波 / Original-YUI
5. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ / YEN TOWN BAND
2nd
1. LOVE
2. Virtual Insanity / Jamiroquai
3. Stand By Me / Ben E. King ... Ba. & Vo.
4. チェリー / Spitz
5. ススメル / Original-YUI

En. Stand By Me / Ben E. King
# by yui-nikki | 2014-04-10 23:24 | ソウル